サクラ交流会とは

2013年に始まった静岡県伊東市と東京都豊島区の民間交流―。

 

それから約3年。互いに交流を深めながら、関係者の地道な活動が実を結び、

2016年、ついに行政間での交流が実現。

 

互いに桜の名所であることから、伊東市からは小室桜、豊島区からはソメイヨシノと

桜を通した交流が行われ、両行政関係者立ち合いのもと、植樹式が行われました。

 

その式典に合わせ、民間交流で関わった団体を中心に、

交流元年を記念し、伊東市で行われたイベントが「第1回サクラ交流会」です。

 

伊東市の玄関口で、観光客の憩いの場である伊東マリンタウン、

話題のグランイルミが盛況な伊豆ぐらんぱる公園、

国定天然記念物である大室山の麓に広がる桜の名所・さくらの里を会場に

市内や東京のよさこいチームの演舞や様々なジャンルのパフォーマンスが行われ、

各会場とも盛り上がりを見せました。

 

これからも交流の輪を広げ、より多くの方に楽しんでいただけるような

イベントに成長していければと思っています。